さらに
絞り込む
該当プラン数 28
水納島わくわくボートシュノーケリング&日帰り海水浴

驚くほど美しい水納島の海!サンゴ礁が作り出すエメラルドグリーンの海の魅力

最終編集日時;
投稿日時;

「水納島のダイビングやシュノーケリングで、サンゴを見てみたい」

そんな方に向けて、この記事では水納島の海を中心にご紹介しています。

 

水納島ってどんなところ

水納島わくわくボートシュノーケリング&日帰り海水浴

水納島は、人口40人ほどの小さな島です。

三日月型の地形をしていて、その形から「クロワッサンアイランド」とも呼ばれています。

沖縄本島から行ける離島は多数ありますが、水納島は本島から15分ほどで行けるという、本島から気軽に行ける離島の一つです。

 

那覇空港・渡久地港からの行き方

水納島に行きたいと考えている方へ向けて、行き方をご紹介します。

那覇空港からバスを使ったルートを選択される場合は、「やんばる急行バス」に乗って、「本部博物館前バス停」で降ります。

そこから徒歩10分ほどの渡久地港(とぐちこう)で高速船に乗り、水納島へと向かいます。

レンタカーで行く場合は、渡久地港に直接行き、そこから高速船に乗りましょう。

水納島は半日・日帰り旅行でも楽しめる!

水納島のビーチで遊ぶ子供2人

最初にご紹介したとおり、水納島は沖縄本島から、船でわずか15分ほどで行ける島です。

そのため、沖縄からの日帰りでも十分楽しむことができます。

「移動時間を短く、その分、観光を楽しみたい!」という方には、特におすすめの離島です。

 

水納島が選ばれる理由

水納島はただ行きやすいだけでなく、観光地としても素晴らしいところです。

きれいな海や雄大な緑が広がっていて、手つかずの自然を堪能できます。

のんびり観光を楽しんだり、アクティビティを満喫したりするのも良いですね。

水納島はぜひ訪れてほしい観光地です。

 

水納島の魅力

小さな水納島ですが、その中にはたくさんの魅力が詰まっています。

ここからは水納島の魅力について、詳しく見ていきましょう。

 

青い海と白い砂浜が広がるビーチ

水納島のビーチと女性

一番の魅力はやはり、真っ白な砂浜と透き通った海!

水納ビーチでは、さまざまな過ごし方ができます。

海水浴やアクティビティはもちろん、ビーチでバーベキューもおすすめです。

のんびりと海を眺めているだけでも、贅沢な時間を過ごすことができますよ。

 

マリンアクティビティを楽しもう

日帰り海水浴&体験ダイビング or パラセ―リング

水納島に来たら、ぜひマリンアクティビティに挑戦してみましょう。

シュノーケリングやSUPなど、海の美しさを堪能できるマリンアクティビティが豊富なのも、水納島の魅力です。

「海が苦手で、水に触れたくない」という方には、船上から海中を覗けるグラスボートに参加してみてはいかがでしょうか。

 

石畳のきれいな道

水納島の集落や海までの道は、すべて石畳に舗装されています。

日常で見るアスファルトの道路とは違って、どこか風情を感じるでしょう。

道沿いには石積みの壁があり、きれいな熱帯地方の花も咲いていて、素敵な光景が広がっています。

 

美しい海を作りだすサンゴ礁

水納島わくわくボートシュノーケリング&日帰り海水浴

真っ青な水納島の海を彩るのは、カラフルなサンゴ礁たち。

ダイビングやシュノーケリングで見られるサンゴ礁は、沖縄ならではの魅力です。

ここからはサンゴ礁について、簡単にご紹介していきます。

 

サンゴ礁とは?

まず「サンゴ」は、サンゴ礁を作る造礁サンゴと、単体で生息する非造礁サンゴに分けられます。

私たちが沖縄で見るサンゴ礁は、造礁サンゴによって構成されています。

この造礁サンゴが長い年月をかけて、大きなサンゴ礁へと成長していくのです。

 

サンゴの生態

ボートファンダイビング

サンゴには植物のように二酸化炭素を吸収して、酸素を排出する働きがあります。

また、海を浄化したり、防波堤の働きをしたり、魚たちの住処になったりもします。

こういった役割があるため、サンゴは海を守るためには欠かせない生物なのです。

海で遊ぶ際にはマナーを守り、サンゴを壊したり持ち帰ったりすることはやめましょう。

 

水納島の海で見られる生き物

水納島の海について、さらに掘り下げて見ていきましょう。

サンゴだけでなく色々な生き物に出会えるのも、水納島の海の魅力です。

ここからは水納島の海の生き物をご紹介します。

 

ベンケイハゼ

黄色い体に白い線が入ったベンケイハゼ。

稚魚は4cmほどの大きさで、可愛らしい見た目をしています。

 

イシガキカエルウオ

白っぽい体に黒や白の斑点がある、イシガキカエルウオ。

体長は5cmほどで、カエルのように飛び出した目がキュートです。

 

タテジマヘビギンポ

赤いボディに白っぽいラインがあるのは、タテジマヘビギンポ。

その派手な見た目は、青い海の中でも非常に目立ちます。

 

アオギハゼ

鮮やかなオレンジ色の体を特徴に持つアオギハゼ。

水面を仰ぐように泳ぐことから、アオギハゼと名付けられたそうです。

 

ヤシャハゼ

長い背びれが特徴的なヤシャハゼ。

白と赤の色彩が美しく、観賞用の魚としても人気があります。

 

フタスジリュウキュウスズメダイ

白と黒のシンプルな見た目をしている、フタスジリュウキュウスズメダイ。

大きな目が可愛らしい熱帯魚です。

 

テングカワハギ

鮮やかな緑色に黄色の斑点があるテングカワハギ。

その鮮やかなボディの美しさは、海中でもよく映えます。

 

クジラ

ホエールウォッチング

水納島の海には、ザトウクジラが現れることもあります。

冬に多く開催される「ホエールウォッチング」では、かなり近い距離でクジラを見られます。

大きな水しぶきをあげて現れるクジラは大迫力!

夏のイメージが強い沖縄ですが、ホエールウォッチングのように冬だからこその魅力もあるのです。

 

ウミガメ

ウミガメ

シュノーケリングやダイビングをするなら、ぜひ一度は姿を見てみたいのがウミガメです。

水納島では、高確率でウミガメに会えるツアーも人気です。

海中のアクティビティを楽しむ予定の方は、ぜひ可愛いウミガメの姿も探してみてくださいね。

 

世界屈指の美しい海でマリンアクティビティを楽しもう!

水納島に訪れたら、ぜひアクティビティに挑戦してみましょう。

きれいな海でアクティビティを楽しめば、最高の思い出を作れますよ。

ここからは、初心者の方にもおすすめのアクティビティをご紹介します。

 

水納島の海を堪能できるアクティビティ

水納島で楽しめるマリンアクティビティは様々な種類がありますが、今回は5つ厳選しました。

ぜひご覧ください。

 

シュノーケリング

シュノーケル

沖縄のマリンアクティビティの定番といえばシュノーケリングです。

水面に浮きながら、海中の世界を眺められます。

 

楽しみ方・魅力

シュノーケリングでは、浅瀬でもサンゴ礁を見ることができます。

さらに沖のほうへ行くと、カラフルな熱帯魚も泳いでいるでしょう。

運が良ければウミガメもいるので、ぜひ海中を見渡してみてください。

 

ダイビング

ダイビング

水面に浮くシュノーケリングよりも、さらに深く潜るのがダイビングです。

本格的な海中散策を楽しめます。

 

楽しみ方・魅力

ダイビングでは海の生き物たちと一緒に泳ぐこともできます。

まるで魚になったような気分で、水納島のきれいな海を堪能できますよ。

深く潜ると、海の青さをより感じられるのも魅力の一つです。

 

SUP

水納島でSUPを楽しむ2人

SUP(サップ)とは「スタンドアップパドルボード」の略です。

サーフボードに立ちながら、パドルで海を漕いで進んでいきます。

 

楽しみ方・魅力

SUPでは海風を感じながら、自分のペースで海上の旅を楽しめます。

SUPのボードは見た目より安定感があるので、初心者でもすぐに慣れるでしょう。

一見難しそうですが、誰でも気軽に楽しめるのがSUPの魅力です。

 

カヌー・カヤック

水納島でカヌーを楽しむ人たち

カヌーとカヤックの違いはご存じですか?

2つの違いは、水を漕ぐパドルにあります。

パドルの両端に水かきが付いているのがカヤック、片方だけ水かきが付いているのがカヌーです。

 

楽しみ方・魅力

どちらもアクティビティとして楽しむ分には、大きな違いはありません。

景色を見渡しながら、海上でゆったりとした時間を過ごせます。

舟には2、3人乗ることができるため、ご家族やお友達と楽しめるのも魅力です。

 

パラセーリング

水納島で楽しめるパラセーリング

パラセーリングは、開放的な空の旅を楽しめるアクティビティです。

パラシュートを身に着けて、ボートに引っ張られながら空へと浮いていきます。

 

楽しみ方・魅力

パラセーリングはパラグライダーとは違い、自分で操作する必要がありません。

凧あげのように引っ張られるだけなので、操作はすべて任せきり。

特別なスキルや知識がなくても、空からの絶景を楽しめます。

 

美しい海を感じられるおすすめのツアー3選

「興味はあるけど、やったことないから不安…」という方は、ツアーへの参加も検討してみてください。

ツアーに参加すれば、ガイドやインストラクターが付いてくれているので初めてでも安心です。

また道具も貸し出してくれるので、手ぶらで気軽に参加できます。

最後に、水納島のおすすめツアーを3つご紹介します。

 

水納島でシュノーケリング!<ボートエントリー>(No.604)

色とりどりのサンゴやお魚に出会える、大人気ボートエントリーのシュノーケリングプラン!

ボートエントリーは、船でポイントまで直行するので、ちょっとしたクルージング感覚を味わいながら、気軽にシュノーケリングをすることができます。

 

水納島で体験ダイビング!<ボートエントリー>(No.605)

インストラクターのサポートのもと、感動の世界へ飛び込みましょう!

透き通る海、きれいなサンゴ、鮮やかな魚たちがあなたをお迎えします。

ボートエントリーは、船でポイントまで直行するので、重い機材を背負って歩くこともなく気軽にダイビングができます。

 

【夏季限定】水納島海水浴フリープラン(パラソル付き)(No.613)

水納島海水浴に選べる種類から組み合わせて自分達だけのオリジナルプランを作っちゃいましょう!

もちろん海水浴のみのお申込みもOK!お客様の旅行御予定に合わせたプラン作成が可能です。

 

まとめ

きれいな海を中心に、水納島の魅力をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

サンゴ礁を見てみたい方は、ぜひダイビングやシュノーケリングをしに水納島へ遊びに来てくださいね。

泳ぎに自信がない人でも、ツアーに参加すれば安全に楽しむことができますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

R.Tanaka

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、水納島ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

営業中 8:00〜17:00
当日予約OK