さらに
絞り込む
該当プラン数 28
【沖縄本島北部本部町】午前 / 午後1組限定開催!スタンドアップパドル(SUP)コース 写真撮影プレゼント

水納島の冬の楽しみ方&おすすめのアクティビティ

最終編集日時;
投稿日時;

水納島の冬

水納島の冬は本島とはどう違うのか、天候や海の状態はどう変化するのか知っておくと、冬の水納島をより楽しめることでしょう。

また、アクティビティや観光スポットもたくさんあるので、知っておくと選択肢が広がります。

 

冬の天気・気温・水温・注意点

水納島でのダイビングツアー

まず、水納島の冬の天気について見ていきましょう。

水納島は沖縄本島の近くなので、12月でも20℃以上を記録するほど暖かいです。

なので、年中アクティビティを楽しめます。

天気は北風が吹くことが多く海の上も荒れやすいので、船の運航の可否は必ずチェックするようにしましょう。

また、前日では判断できないことが多いので当日の朝問い合わせるのがベストです。

水納海運公式ホームページに、運行情報やお問い合わせ窓口がありますので、旅行の前に調べると良いでしょう。

水温は、23℃前後と海水浴には少し寒いです。

しかし水温が低いとプランクトンの活動も鈍くなり、海の透明度があがり視界がクリアになります。

ただでさえ綺麗な水納島の海の中は、さらに綺麗になります。

ダイビングやシュノーケリングされる人にとっては、水温が下がると透明度が上がって視界が広がり、カラフルな魚をよりクリアに見られます。

注意点としては、北風が吹いて海が時化ると船は運休してしまうこと、水温は低くなるので泳ぐ際はウエットスーツ着用すること、比較的暖かいと言っても冬なので寒いときもあるという点です。

寒さは、羽織るものがあると急な温度変化にも対応できます。

 

冬に旅行するメリット

天候や気温に水温、そして注意点をお伝えしましたが、ここでは冬の水納島に旅行するメリットをお伝えします。

水納島には、冬だからこそ楽しめることがたくさんあります。

 

冬の楽しみ方

水納島で見られるサンゴ

水納島では年中アクティビティが楽しめるので、冬の水納島に旅行するならアクティビティを体験してみてください。

冬は船が減便されるので、夏のような混雑はありません。

なので人気のアクティビティも、スムーズに楽しめます。

 

冬に楽しめるおすすめのアクティビティ

水納島で楽しめるアクティビティは、数多くあります。

アクティビティを組み合わせたりランチ付きのプランもありますが、ここでは冬だからこそ楽しめるアクティビティをピックアップしてみました。

 

ダイビング

ダイビング

冬のダイビングは、透明度も上がるので視界がクリアになり、マクロな魚の様子を観察できます。

透明度が40メートルを超えることも多い水納島の冬、ダイバー達には天国です。

体験ダイビングや、ライセンスを持ったダイバー向けのファンダイビングから選べますので、ご自身のレベルに合ったダイビング体験ができます。

水納島のシャワーが水なので冬季には使えないですが、ダイビングショップで温水シャワーを使わせてもらえますので、予約する際確認してみてください。  

 

おすすめポイント

水納島はダイビングポイントも豊富で、ケーブル・ポパイ・オリーブ・イエローフィッシュロック・灯台下・ポートサイド・ツバメの巣と呼ばれるポイントがあり、たくさんの海洋生物が見られます。

観察できる海の生物は、アオウミガメ・ハナダイ・ヤシャハゼ・チンアナゴ・カクレクマノミ・ヨスジフエダイ・イソギンチャクなど種類も豊富です。

また、海中の砂地が白くサンゴ礁もとてもカラフルなので、水中カメラ撮影やムービー撮影が楽しいです。

水温は低いですが、ウエットスーツやドライスーツ着用なので問題なく楽しめます。

 

グラスボート

グラスボートとは、船の底がガラスになっていて海の底を覗くことができるボートです。

ダイビングやシュノーケリングに抵抗がある人は、グラスボートで海の中を観察できます。

冬は寒いから海で遊べないかもと思っていた人には、ピッタリのアクティビティです。

 

おすすめポイント

グラスボートのおすすめポイントは、海の中に入らなくてもマリンスポーツが楽しめること。

ガラス張りの底から、サンゴ礁やカラフルな魚を観察できます。

船に揺られながら観察するので、水族館よりライブ感があり大人も子供も楽しめます。

船を操縦する人はベテランなので、どこにどんな魚がいるか熟知しています。

海に潜らなくても、十分水中の様子を観察できます。

身長制限や年齢制限などもないので、大人から子供まで楽しむことができるのは魅力的です。

 

ホエールウォッチング

沖縄で見られるクジラ

水納島で体験できる冬だけのアクティビティが、ホエールウォッチングです。

冬になるとザトウクジラが子育てのために、餌が豊富で暖かい沖縄の海にやってきます。

1月から4月頃まで見られ、やってくるクジラは大きい個体で15メートル近くにもなります。

ホエールウォッチングに向かう際は、船に乗って行きますので、海上は特に風が強く水しぶきがかかることもあるので、気を付けましょう。

船酔いしやすい人は、30分前に酔い止めを飲み、動きやすく暖かい格好で体験しましょう。

雨具や酔い防止メガネを貸してくれるお店もありますので、予約する際に聞いてみてください。

 

おすすめポイント

ホエールウォッチングのおすすめポイントは、迫力満点のクジラのパフォーマンスです。

クジラの迫力満点なパフォーマンスには名前が付けられていて、テールスラップ・ブリーチ・ブローなどが見られたら大きな歓声が上がります。

その中でもブリーチは、海中から体を持ち上げて勢いよく水面に体を叩きつけるのでレア度が高く、見られたらとてもラッキーだと言われています。

クジラの遭遇率は、90パーセント以上とも言われている水納島なので、冬のアクティビティは大迫力のホエールウォッチングを体験してみてください。

 

SUP

SUP

SUPとは大きめのサーフボードの上に立ち、専用のパドルを漕いで水上を移動する体験です。

サーフィンやボディーボードに比べると、挑戦しやすく体幹が鍛えられるスポーツとして親しまれています。

水上を散歩するように楽しめるのが、魅力的なアクティビティです。  

 

おすすめポイント

冬になり透明度があがった水納島の綺麗な海でSUPをすると、綺麗なサンゴの上を散歩しているような感覚を体験できます。

バランス感覚が必要なアクティビティですが、インストラクターがついているので初心者でも、丁寧にコツを教えてくれます。

水納島の景色を見ながら海の上を散歩して、全身でリゾートを満喫できます。

 

カヌー・カヤック

水納島でカヌーを楽しむ2人

カヌー・カヤックは1人または2人で座ってパドルを漕ぎ、水上を移動するアクティビティです。

カヤックにはクリアカヤックもあり、透明なカヤックを漕いで海を散策すると、まるで浮いているかのような体験ができます。

水納島の絶景を見ながら、海上を散策してみてはいかがでしょうか。  

 

おすすめポイント

カヌー・カヤック体験は、海の上を散歩する感覚を手軽に体験できるアクティビティです。

透明度の高い水納島でカヌー・カヤック体験すればさらに浮遊感は、高まることでしょう。

クリアカヤックは透明なので綺麗なサンゴ礁を見られますし、海底が見えるのでウミガメを発見することもあります。

また、夏は熱中症の心配もありますが、冬はその心配も軽減されるのでチャレンジしやすいアクティビティになっています。

水納島の風を感じながら海の上を散策してみてはいかがでしょうか。

 

水納島のおすすめ観光スポット

冬の水納島は、アクティビティだけではなく観光スポットの散策も楽しめます。

島内を1周しても1時間ほどなので、熱中症の心配がない冬に是非チャレンジしてみてください。

何度も水納島に訪れているなら、夏の景色と冬の景色を比べてそれぞれの良いところを、発見してみるのもよいでしょう。

 

水納ビーチ

水納島ビーチ

水納ビーチは、水納港からすぐのビーチです。

アクティビティの過半数は、この場所で行われておりトイレやシャワーなどの設備もあります。

 

おすすめポイント

シュノーケル

アクセスも良くトイレなどもあるので、散策はここからという人も多いでしょう。

夏は海水浴客で賑わっており、場所取りするのも一苦労ですが、冬の水納ビーチではそこまで密集することはありません。

ビーチを歩いて、シーグラスや貝殻を拾ったり、カニやヤドカリなどの小さな生き物を見つけて遊べます。

水温は比較的冷たいですが、遠浅なので水遊びする人もいます。

海水浴をする人もいますが、監視員はいませんのでくれぐれも安全第一で、ご自身で判断してください。

 

水納港からの行き方

水納港を出て、歩いて5分もかかりません。 水納港から一番近いビーチです。

灯台下のビーチ

海水浴に行く人が、ほとんどいないと言われている穴場のビーチです。

灯台下ビーチの砂は小さなサンゴの欠片で、細かくサラサラしていて素足で歩くと気持ちいい砂浜です。

 

おすすめポイント

岩や日陰がなく景観がとても良いビーチです。

砂浜もロングビーチで、散策にはとても条件の良いビーチになっています。

灯台下ビーチでは、靴を脱いでサラサラの砂を裸足で体感してみて下さい。

また、シャワーやトイレはありませんので、トイレに行きたい場合は、水納港待合室か水納ビーチまで戻る必要があります。

 

水納港からの行き方

フェリー発着の水納港から、水納ビーチの反対方向に砂浜を歩いていくと到着します。

水納港から約600メートルほどで、灯台を目指して行くと灯台の脇道を降りた場所にあります。

灯台に行くまで草むらなどがありますので、マリンシューズで行くと良いでしょう。

カモメ岩のビーチ

カモメが巣を作ると言われるカモメ岩のビーチ。

潮が引くとゴツゴツした岩場が顔を出し、潮が満ちると岩場が消えます。

野鳥が巣作りする小さな岩があり、渡り鳥の季節には鳥の群れも見られるので、愛鳥家に親しまれています。

岩場が多い場所なので、シューズやマリンシューズで行くことをおすすめします。

 

おすすめポイント

トイレなどの施設はありませんが、手つかずの自然が残っているので、そういった景色が好きな人にはおすすめです。

アダンの木々があるので、晴れた日は眩しい照り返しの日光を避けて、木陰で一休みすると心地よい気分になります。

満潮になると足場が少なくなりますが、潮の満ちたカモメ岩のビーチの雰囲気が変わり、素敵な場所になります。

 

水納港からの行き方

水納港から約800メートルほど、水納港の反対側に位置するビーチです。

向かっていると建物が少なくなりますので、迷わないようにしてください。

冬におすすめのツアー3選

冬におすすめするツアーを厳選してご紹介させていただきます。

水納島は冬になると船を減便するので、冬の水納島を味わえる貴重な体験になります。

 

まとめ

水納島の冬についてご紹介しましたが、いかがでしたしょうか。

冬でも比較的暖かい水納島は、冬でもリゾートを堪能できるスポットです。

夏になると混雑してるマリンアクティビティや散策スポット、そして冬しか体験できないアクティビティもあります。

冬の水納島は、夏と変わらずアクティビティを楽しめ、人混みを避けた観光ができる魅力的な島ではないでしょうか?

冬ならではのアクティビティもあり、非日常を体験することができます。

寒い冬を水納島で過ごして、リゾートを満喫してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございます。

R.Tanaka

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、水納島ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

営業中 8:00〜17:00
当日予約OK