さらに
絞り込む
該当プラン数 38
シュノーケル

多良間島ってどんなところ?水納島から行ける?水納島と多良間島を徹底比較

最終編集日時;
投稿日時;

多良間島と水納島の違いをご紹介

今回は、多良間島とその近くにある水納島についてご紹介します。

まず、多良間島と水納島の間の距離を見てみましょう。

この記事で取り上げる水納島は、沖縄本島からわずか1km西に位置しています。混同しないように注意してください。

多良間島と水納島は、どちらも沖縄にありますが、実はとっても離れているんです。

二つの島の間の距離は、約340kmも!

これは、東京から仙台まで行くくらいの距離と同じです。

 

水納島から多良間島へのアクセス

水納島から多良間島に行きたくなったときの経路を見てみましょう。

前提として、水納島と多良間島を同じ旅行内の日程で回るのは、あまりおすすめできません。

まず、水納島から沖縄本島までは、船でしか行けません

沖縄本島に着いたら、今度は那覇空港を目指して、車やバスで移動することになります。

実は沖縄本島から多良間島への飛行機は出ていません

そのため那覇空港から一度、多良間島まで近く空路がある宮古島へ行く必要があります。

宮古島から多良間島には、飛行機かフェリーで行くことができるますが、飛行機は1日に2回フェリーは1日に1回しかありません。

いずれも便数が少ないため、水納島から交通機関を乗り継いでの移動は難しいかもしれません。

 

多良間島ってどんなところ?

多良間島は、宮古島と石垣島の間にある、絵に描いたような円形の島なのです。

周りは約15kmで、人口は約1,100人。とっても小さな島です。

多良間島は交通機関はそれほど発展していないため、レンタカーレンタサイクルで島を巡るのがおすすめです。

一定の時間おきに村内を周回している有償バスはありますので、時間が合えば利用するのもいいですね。

車なら約30分自転車でも2時間ほどで島を一周できますよ♪

 

那覇空港・宮古空港・平良港からの行き方

多良間島へのアクセス
多良間島へは、宮古島からの飛行機か船の2つの方法があります。

☆沖縄本島から宮古島へ
沖縄本島から宮古島へは、たくさんの飛行機が運航しており、約45分で到着します。

☆宮古島から多良間島へ
・飛行機
宮古空港から多良間空港への便は、午前9時30分午後16時50分に出発しています。

・船
平良港から多良間島行きのフェリー「たらまゆう」は、午前9時に出港します。

日曜は運休、時期によって時間帯が変動する場合がありますので、多良間島への渡航をお考えの際は事前に問い合わせて時間を確認しておくのがおすすめです。

 

多良間島の魅力

多良間島には有名なリゾート地にも劣らない、たくさんの魅力を秘めています。

美しい海緑あふれる自然サトウキビ畑など、見どころいっぱい!

東の海から昇る朝日、西の海に沈む夕日も、多良間島ならではの見どころ。

日帰りでも楽しめるけど、多良間島の魅力を満喫するには宿泊がおすすめです。

 

多良間島の人気観光スポット

観光地化がされていない多良間島ですが、それでも観光客に人気のスポットがいくつも存在しています。

その中からとりわけ人気の高いものを厳選しましたので、順にチェックしていきましょう。

 

ふる里海浜公園

多良間島で一番人気のビーチ

多良間島で海を楽しむなら、ふる里海浜公園がおすすめです。

おすすめのポイント
・集落から近い
・水納島を眺められる
・遠浅で波が穏やか
・シュノーケリングも楽しめる
・バーベキューもできる
・シャワー、トイレ、駐車場あり
多良間空港・前泊港・普天間港からの行き方
・多良間空港から車約5分
・前泊港から徒歩すぐ
・普天間港から車約14分
・有償バスで「多良間島役場」下車、徒歩約15分

 

八重山遠見台

多良間島の絶景スポット

国指定の史跡であり多良間島で最も高い標高33mの場所に位置している八重山遠見台です。

おすすめのポイント
歴史を感じられる
・国指定の史跡
・17世紀から残る石積みの見張り台

絶景を楽しめる
・多良間島を一望できる
・周辺の海の美しい景色も楽しめる

多良間空港・前泊港・普天間港からの行き方
八重山遠見台は、集落内にある土原ウガンから北西へ伸びている道を道なりに進んでいくと着きます。

レンタカーすると…
・多良間空港から約15分
・普天間港から約15分
・前泊港から徒歩約25分

 

ふるさと民俗学習館

多良間島の歴史、民俗、文化を楽しく学べるふるさと民俗学習館は、多良間島で人気のおすすめスポットです。

おすすめのポイント
立派な建物
・小さな島とは思えないしっかりとした造り
・手入れが行き届いている

充実した展示
・多良間島の特殊な立地を反映
・宮古島と八重山両方の文化を感じられる

手厚い案内
・スタッフによる解説を聞ける
・多良間島の文化や方言を学べる

伝統行事「八月踊り」の紹介
・多良間島のユニークな文化を体験

リーズナブルな入館料
・大人200円

多良間空港・前泊港・普天間港からの行き方
多良間空港から
車で約10~15分

前泊港から
車で約9分
徒歩で約25分

普天間港から
車で約13分

有償バス
「多良間村役場」で下車
徒歩で約8分

 

水納島ってどんなところ?

水納島わくわくボートシュノーケリング&日帰り海水浴

続いて、水納島についてご紹介させていただきたいと思います。

水納島は、沖縄本島からわずか1kmほどの距離にある小さな島です。

三日月のような形をしていることから、「クロワッサンアイランド」という愛称でも呼ばれています。

那覇空港・渡久地港からの行き方

那覇空港・渡久地港から水納島へのアクセス
レンタカー
・那覇空港から渡久地港まで約1時間30分
・渡久地港に無料駐車場あり

バス
・やんばる急行バス「本部博物館前」下車
・本部博物館前から渡久地港まで徒歩約10分
・所要時間約2時間

フェリー
・渡久地港から水納島まで約15分
・料金:往復1,710円
・事前予約不可
・夏季は混雑するため早めの購入がおすすめ

水納島が選ばれる理由

水納島わくわくボートシュノーケリング&日帰り海水浴

上の移動手段を見て、那覇市から遠いことに不便さを感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし実際は、ツアーを利用すれば簡単にアクセスできます。

水納島では、海水浴やシュノーケリングなどのアクティビティを楽しめるツアーが多数開催されています。

ツアーに参加すれば、那覇市内から集合して現地まで移動できるので、船のチケットを予約する必要もありません。

 

水納島の魅力

水納島には、人々の心を魅了する要素が盛りだくさんです。

水納島の魅力を順番にチェックしていきましょう。

 

青い海と白い砂浜が広がるビーチ

水納島のビーチ

水納島は透明度の高い海白い砂浜が美しいビーチが魅力です。

夏は混雑しますが、離島ならではのゆったりとした雰囲気を楽しめます。

 

マリンアクティビティを楽しもう

水納島でマリンスポーツを楽しめる人たち

水納島のビーチにおいてはマリンアクティビティも盛んに行われています。

特に島の主要ビーチである水納ビーチでは、多種多様なアクティビティに参加することができます。

とにかく海が綺麗ですので、シュノーケリングやSUP、カヌーなど、何をやっても最高の爽快感を味わえるでしょう。

 

石畳のきれいな道

石畳

水納島の大きな個性と言えるのが、港から集落にまで地面に伸びている石畳です。

徒歩移動が基本となる水納島において、足元がきれいに整備されていて歩きやすいというのは何よりも嬉しいものです。

 

地元民おすすめの観光スポット

島にはいくつものスポットがありますが、今回は水納島の個性とも言える3つのビーチをご紹介します。

 

水納ビーチ

シュノーケル

水納島で最も人気のあるビーチが、水納ビーチです。

港からすぐの場所にあるため、水納島に到着すると真っ先にこの美しいビーチを目にすることができます。

おすすめポイント
・真っ青な海と空
・白く輝く砂浜
・港からすぐ
・きめ細かい砂
・クラゲ防止ネット設置
・監視員常駐(夏期)
・穏やかな波
・シャワー・トイレ・更衣室・売店完備
水納港からの行き方

水納ビーチの場所は水納港のすぐ隣です。
到着してすぐに砂浜へと降り立つことができます。

 

灯台下のビーチ

灯台下のビーチ?

灯台下のビーチは、水納ビーチから東側へ歩いていくと辿り着けるビーチです。

正式名称はありませんが、水納島灯台の下にあることから、このように呼ばれています。

おすすめポイント
・長い砂浜
・美しい海
・人が少ない
・静かな環境
・フォトジェニックな景色
・シュノーケリングスポット
水納港からの行き方

水納港から灯台下のビーチまでは600mほどです。
海岸沿いを東向きに歩いていくか、一度集落まで歩き、そこから島内東部への道を辿っていきましょう。

 

カモメ岩のビーチ

カモメ岩のビーチ

カモメ岩のビーチは、水納港や水納ビーチとは反対側、島の南側に面したビーチです。

おすすめポイント
・美しいサンゴ礁
・熱帯魚を観察できる
・天然の環境
・人馴れしていない魚
水納港からの行き方

水納港から南に約1kmの位置に、カモメ岩のビーチがあります。
集落から島の南部を目指す道を外れずに歩いていけば、迷うことなく到着できるでしょう。

 

水納島で楽しめるアクティビティ

次は、ぜひ水納島で楽しんでいただきたいアクティビティをいくつか挙げさせていただきます。

沖縄の海を満喫するにはピッタリのアクティビティばかりですので、観光スポットに引き続き要チェックです!

 

シュノーケリング

水納島,シュノーケリング,ツアー,友達と,カップルで

シュノーケリングは、手軽さと満足度のバランスが良く、一番人気のアクティビティと言っても過言ではありません。

シュノーケルで呼吸と視界を確保し、ウェットスーツかラッシュガードで身を守り、足ヒレで海を掻き分けつつ海に潜るのを楽しむというのがシュノーケリングの内容です。

 

おすすめポイント

シュノーケリングが大々的な人気を獲得している理由はいくつも挙げることができますが、特に競技人口の多さに直結しているのはアクティビティへの参加しやすさでしょう。

シュノーケリングは細かな技術などが求められず、海を怖がらずに行動できるなら幼いお子様からでも体験できる、ハードルの低いアクティビティです。

さらに嬉しいことに、沖縄はシュノーケリングがとても盛んな土地であり、観光人気の高いビーチの多くでは、シュノーケリング用具のレンタルが行われています。

水納島でも水納ビーチにおいて各種用具のレンタルが用意されているため、水着さえ忘れずに持ってくればすぐ楽しむことができてしまうのです。

上でご紹介させていただいた3つのビーチは、いずれもシュノーケリングに適したスポットであり、難易度もロケーションもそれぞれ異なっているのが嬉しい点です。

水納島に足を運んだのであれば、ぜひシュノーケリングを体験してみてください!

 

ダイビング

水納島の水中地形

シュノーケリングと同じく、潜水アクティビティとして大人気なのがダイビングです。

こちらは、正式に参加するためには専門の講習を受けてライセンスを取得しなければなりませんが、その敷居の高さを越える大きな魅力がダイビングにはあります。

 

おすすめポイント

当たり前の話と思うかもしれませんが、人間は海の中では生きていけません。

素潜りのプロである海女さんですら潜水の限界は2分程度と言われていて、エラ呼吸ができない人間が海中に長時間滞在するのは死と隣り合わせの行動です。

そんな人間の限界を超越できるのがダイビングの醍醐味の一つ。

酸素タンクを背負い、レギュレーターで呼吸を可能にして、さらに10以上の器材を身に着けて潜ることで、長い時間海中遊泳を楽しめるようになります。

シュノーケリングで潜る海も美しいものですが、息継ぎを意識しなくていいダイビングではさらに深い海へと潜ることが可能です。

海の景観はその深度を増すほどに、深い青さと静けさに満たされていきます。

本来であれば人間が立ち入ることを許されない領域をマスク越しに見通せば、さながら異世界を訪れたかのような高揚感を感じられるでしょう。

そう言われても、ライセンスを取らないと参加できないんじゃ面倒だなと思われたあなたもご安心ください。

インストラクター同伴で潜る体験ダイビングというツアーに参加すれば、ライセンスを持っていなくてもしっかりとダイビングを味わうことができてしまいます。

もちろん水納島においても、体験ダイビングを含んだアクティビティツアーは開催されていますので、興味を持たれた方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

 

SUP

水納島でSUPを楽しむ2人

SUP(スタンドアップパドルボード)は、近年若年層からの人気が急上昇中のアクティビティです。

その理由はインスタ映え。

海の上にボードに乗って立つSUPはさまざまなマリンアクティビティの中でも、屈指のフォトジェニックさを誇るアクティビティなのです。

 

おすすめポイント

SUPが生まれたのはハワイのワイキキです。

現地のサーファーたちがサーフィンの練習の一環として生み出したもので、サーフボードに乗ってバランスを取りつつパドルで海を漕ぐというのがその内容でした。

現在はサーフボードに限らずSUP専用ボードを用いる場合もありますが、内容そのものは大きく変わっていません。

サーフィンの練習と聞くと難しそうに思われるかもしれませんが、サーフィンと共通なのはあくまでボードを用いてその上に立つという点だけ。

波に乗るわけではなく、さらに用いられるボードも大型なため、海面でバランスを取るのはそれほど難しくありません。

難易度が高くない上にフィットネス効果が高く、体幹トレーニングのようなエクササイズ効果も抜群とあって、世界中で長年に渡って愛されているアクティビティなのです。

ボード1枚を介して海のゆらぎを感じつつ南国の海風を味わえば、最高の爽快感を得られること間違いなし。

SUPが組み込まれているツアーに参加すれば、スタッフが無料で写真撮影をしてくれるサービスが付いていることも多いので、上手く利用して最高のインスタ映えを狙いましょう!

 

パラセーリング

水納島で楽しめるパラセーリング

沖縄のアクティビティといえば、海を楽しむものばかりがイメージされがちですが、南国の明るい青空を味わえるパラセーリングも大人気です。

パラセーリングは、海の上を水上バイクで引っ張られながら空中に浮かぶアクティビティで、水納島で体験すれば離島ならではの絶景を味わうことができるでしょう。

 

おすすめポイント

パラセーリングがアクティビティとして優れている点の一つに、技術や体力が必要でなく、幅広い人が気軽に参加できるという点が挙げられます。

基本的に座ったまま牽引されていれば自然と空に浮き上がり、上空からの景色を思う存分楽しめるでしょう。

パラセーリングの高度はおよそ40~50mに到達するとされており、かなりのスリリングさを味わうことができます。

しかし怖さ以上に、高高度の空から見下ろす海や浜辺、島の全貌は感動的な美しさを感じさせてくれること請け合いです!

特に水納島はクロワッサンアイランドと称される三日月型が特徴的な島ですので、高い位置から見下ろせばそのユニークな姿をしっかりと体感することができるでしょう。

お子様でも6歳以上に達していれば参加できますので、勇気を出してチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

 

カヌー・カヤック

水納島でカヌーを楽しむ人たち

カヌー・カヤックは、アクティビティの内容をご存知の方や、テレビなどで目にしたことがある方も多いのではないかと思います。

カヌーとカヤックはいずれも1人または2人乗りの小さな船を指した言葉で、それに乗って海を楽しむのがこのアクティビティです。

 

おすすめポイント

カヌー・カヤックは、昔から長く親しまれているアクティビティの定番です。

いずれの船も安定感があり操船もしやすいため、海に限らず川や湖などさまざまな水辺のロケーションで大活躍しています。

競技用のカヌーやカヤックのように激しく漕ぐものとも全く異なり、アクティビティで乗る際は自分のペースでゆったりと漕ぐことが可能です。

南国の離島である水納島の海は、小船に揺られる感覚を味わうのにこの上なくピッタリの環境で、時には漕ぐ手を止めてゆらゆらと波の心地よさを体感するのもおすすめです。

また、アクティビティとして嬉しいポイントなのが、2人乗りが可能だというところ。

ご友人や恋人と、また親子同伴でなど、さまざまなシチュエーションで2人乗り特有の水入らずの時間を楽しむことができます。

特に、まだ1人でアクティビティに参加させるのは難しい、お子様連れのご家族に需要が高く、沖縄の海を安全に楽しめると人気です。

ライフジャケットも着用しての乗船であり、万が一の落水の際にも溺れる心配がないので安心のアクティビティとなっています。

 

まとめ

多良間島と水納島、2つの島々の観光についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

いずれの島も離島ですが、それぞれ異なる魅力を持っています。

沖縄の離島観光をお考えの際は、ぜひ多良間島や水納島に訪れてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

R.Tanaka

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、水納島ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

営業中 8:00〜17:00
鉛筆のアイコン
当日予約OK