さらに
絞り込む
該当プラン数 28
パラセーリング

水納島の夜は魅力が盛りだくさん!星空鑑賞スポットもご紹介

最終編集日時;
投稿日時;

水納島ってどんなところ

ビーチ

水納島は、人口50人ほどの小さな島です。

クロワッサン型の形をした島で世界的にも、美しいと評価されています。

サンゴ礁に囲まれ自然が豊かで、海の生き物も豊富な場所です。

水納島には、シュノーケリングやパラセーリングなどのアクティビティが豊富で、海を目的に観光する人がほとんどです。

1時間もあれば、島を一周できてしまうほど小さな島ですが、夏になればたくさんの海水浴客が訪れ、ビーチリゾートを楽しんでいます。

沖縄本島北部の本部町・渡久地港から、船に乗り15分で到着します。

そのため、日帰りにもぴったりな島です。

ですが、水納島の夜もとても魅力的なのはご存知でしょうか?

水納島は夜になると満天の星が広がり、美しい夜空になります。

昼もアクティビティなどで思う存分楽しめますが、夜にも魅力がある場所なのです。

 

那覇空港・渡久地港からの行き方

そんな水納島への行き方は、那覇空港からバス・レンタカー・タクシーなどで渡久地港(高速船乗り場)までアクセスして、そこから水納島まで船に乗って島に渡ります。

レンタカーであれば、無料の駐車場が使えますが夏の混雑時には、駐車場が満車になってしまうこともあります。

ご自身のスケジュールに合った移動手段を選びましょう。

水納島が選ばれる理由

日帰り海水浴&体験コース(クリアカヤックor SUP)

水納島が、旅行先として選ばれる理由はたくさんあります。

那覇市からのアクセスも程よく、沖縄本島から30分で渡久地港に行けることも人気の理由の1つです。

他にも多くの魅力があり、たくさんの観光客を惹きつけています。

 

水納島の魅力

 

水納島

水納島は、那覇から近いという地の利だけではない魅力があります。

青い海・白い砂浜の離島、リゾートを満喫するために必要な要素がいくつか組み合わさって、水納島をより一層、魅力的な島にしています。

その要素を、いくつかご説明いたします。

 

青い海と白い砂浜が広がるビーチ

ビーチ

魅力の一つに、青い海と白い砂浜があります。

透明度の高い海は、シュノーケリングをするのに最適です。

メインの水納ビーチは、砂もサラサラで素足で歩いても気持ちいいと言われています。

眩しい太陽、青い海、白い砂浜は、リゾートをより素敵な思い出にしてくれることでしょう。

 

マリンアクティビティを楽しもう

マリンスポーツ,マリンジェット

水納島には観光客を楽しませてくれる、豊富なマリンアクティビティがあります。

シュノーケリング・ダイビング・パラセーリング・SUP・バナナボート・ジェットスキーなどがあり、それぞれを組み合わせたりランチが付いたプランが選べたりします。

ご自身に合ったプランを、好きなように組み合わせられるマリンアクティビティは、水納島での楽しみ方の魅力になっています。

 

石畳のきれいな道

水納島では、海以外の楽しみもあります。

街並みは石畳の舗装が美しく、ビーチへと続く石畳はリゾート気分を高めてくれます。

絵になる景色を写真に撮ることができますので、是非カメラやスマートフォンで撮影してみて下さい。

 

水納島の夜は魅力がたくさん

昼間は、大勢の海水浴場のお客さんで賑わっている水納島ですが、渡久地港へ帰る最終便が去った後は、昼間の喧騒が幻だったかのように静かになります。

夕陽に照らされたビーチは、リゾート感たっぷりの南国に変貌します。

おすすめの夕陽スポットは、水納港から西方面にあり島の南端にある「西の浜」です。

ここには多数の岩礁があり、夕陽を鑑賞するときは足元には気をつけて下さい。

サンダルではなく、シューズやマリンシューズがあると歩きやすいです。

また、水納島にある宿の海側バルコニーからも、綺麗な夕陽が見られる宿泊施設もありますので、宿を選ぶときに夕陽が見えることを確認してみて下さい。

水納島の住人と、宿やキャンプで宿泊している人だけが、のんびりと水納島の夕陽を眺めることができます。

時間を忘れ、夕陽を見て美しいと感じるひと時に身を委ねて、夜を待つ贅沢な時間を過ごせるでしょう。

 

夜空いっぱいに広がる星の海

水納島は自然が豊富で明かりも少ないので、どこから見上げても美しい星空が広がります。

せっかく海を堪能しに水納島に来たのだから、昼間遊んだビーチから星空を見上げてみてはいかがでしょうか?

昼と夜のビーチの様子の違いを味わえ、まるでプライベートビーチで過ごしているかのようなひと時です。

 

ヤシガニなどの生き物を見つけよう

ビーチを散策しながら、夜行性の生き物を探してみるのも、夜の楽しみ方です。

絶滅危惧種に指定されている、ヤシガニも水納島では見られます。

昼間のビーチには、人が多くて隠れていた生き物たちが顔を出してくれるかもしれません。

夜のビーチに出かけるときは、懐中電灯やヘッドライトがあると便利なので、水納島に宿泊されるなら、持っていくと安心です。

 

夜のビーチでのんびりしよう

人が少なくなった夜の水納島で、自然の音に耳を傾けてみると様々な音が聞こえてきます。

砂浜では波の寄せては返す音のリズム、カモメが巣を作るカモメ岩ビーチではカモメの声、風の吹く音、木々の揺れる音、虫の鳴き声など、普段の生活では聞き逃してしまうような音を、じっくりと聞くことができます。

目を閉じて、深呼吸しながら耳を澄まして全身で水納島を感じれば、肩の力が抜けていくことでしょう。

ビーチにレジャーシートを持っていき、ナイトヨガをしながら、自然の音を楽しむのもおすすめです。

 

水納島の夜を楽しむためには宿泊が必要

水納島には、宿泊施設が3件ほどあります。

島の夜を楽しむには、宿泊が必要です。

民宿タイプかログハウスタイプの他にも、キャンプ道具を持参してサバイバルキャンプをされる人もいます。

宿泊の際には夜になると飲食店が閉店、スーパーマーケットやコンビニなども島内にはありませんので、BBQされる場合や夜食などが必要な場合は、事前に買って水納島への船に乗りましょう。

宿に宿泊している人は、食事付きのプランを選ぶと、宿の美味しいご飯やロッジでのBBQを楽しむことができます。

キャンプをしている人は、BBQ道具を持参してビーチでBBQを楽しむ人もいます。

昼間に釣りをして、釣った魚をBBQの材料にして食べたり、持参した材料を自分で調理して食べるのも、キャンプの醍醐味です。

まるで無人島で、サバイバル体験をしているような晩ごはん作りが楽しめます。

 

最高に美しい水納島の星空

パラセーリング

水納島に宿泊した人だけが見る事ができる、満天の星。

豊かな自然の中で見上げる星空は、誰もが見たことのない満天の星と表現してしまうほど、美しい星空と言われています。

まるでプラネタリウムのような星空は、忘れられない思い出になります。

星空を楽しむには、なるべく明かりの少ない場所へ足を運んだ方が綺麗に見えます。

夜になったら虫除けを持参して、星空を眺めに散策へ行きましょう。

そんな美しい星空を眺めるだけでなく、デジタルカメラやスマートフォンなどで撮影して、思い出に残してみてはいかがでしょうか。

最近のデジタルカメラやスマートフォンには、夜景や星空を撮影する機能が搭載されているものもあります。

三脚でカメラを固定して、図鑑で見るような星空を撮影することもできますので、お手持ちのカメラの機能を調べて撮影に臨んでみて下さい。

おすすめの撮影方法は、三脚を使って撮影する長時間露光撮影です。

そのままでも十分に綺麗な水納島の星空ですが、長時間露光を使えば、美しい光の軌跡となって写真にあらわれます。

時間に余裕があればぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

灯台をバックに撮影すると素敵な写真が撮れるので、写真撮影するなら灯台下のビーチがおすすめです。

水納島の美しい星空を自分だけではなく、友達や家族に写真を見せたり、SNSで共有するのも素敵なお土産になることでしょう。

 

水納島の星空鑑賞スポット

意外に思われるかもしれませんが、星空ウォッチングは新月の日がおすすめ!

満月の明るい月明かりの中に浮かぶ星々の煌めきも素敵ですが、明るい満月の光に邪魔されない星の光だけの夜空はより一層綺麗なものとなります。

水納島にはさまざまなビーチがあります。

今回はおすすめスポットとして、水納ビーチと西の浜ビーチをご紹介いたします。

 

水納ビーチ

水納島に訪れる観光客の多くは、船を降りた側にある水納ビーチでマリンアクティビティを楽しみます。

そんな昼間遊んだビーチで星空を観察すると、昼と夜の違いがよく分かるでしょう。

 

スポットの特徴

サラサラの砂浜が続く水納ビーチは、サンダルで気軽に行けます。

レジャーシートを持参して、砂浜に寝転んで星空を見ると気持ちいいです。

夜になって人が少なくなったビーチを、独り占めしたような感覚になります。

 

水納港からの行き方

水納港のすぐそばにあるビーチです。

アクセスしやすくトイレなどもあるため、便利です。

西の浜ビーチ

水納島の西側にある、西の浜ビーチ。

トイレなどの施設は、ありませんので事前に済ませておきましょう。

西の浜ビーチには岩礁があり、ゴツゴツした岩が砂地に出ていたりするので、シューズやマリンシューズで行くことをおすすめします。

 

スポットの特徴

西の浜ビーチは、夕陽スポットとしても人気で、景色をさえぎるものがないのが特徴です。

このビーチは、満潮になると砂浜がほとんどなくなるので、行くときは満潮の時間を調べてから行くことをおすすめします。

夕陽が沈むのを見てそのまま星空観察をすると、島時間をじっくり堪能できることでしょう。

 

水納港からの行き方

水納港から西に歩いて15分程の場所です。

夜になると街灯が無くなるので、宿の人に連れて行ってもらうか、自分で懐中電灯やヘッドライトを持参すると安心です。

まとめ

いかがでしたしょうか?

水納島での夜の過ごし方をご紹介させていただきました。

一見「何もない」水納島の夜ですが、その「何もない」ことを目一杯楽しめるのが、水納島の夜最大の魅力です。

魅力的なナイトスポットと呼ばれる、便利できらびやかな場所は日本中にありますが、灯りも、音も、喧騒もない、夜という地球の原風景を肌で感じられる場所は少なくなってきています。

昼間の水納島と夜の水納島を比較するとよくわかるように、慌ただしい現代に生きる私たちにとって、「静かに過ごせる」水納島の夜は、最高に贅沢な空間と時間を、私たちにもたらしてくれるでしょう。

日中、海でのアクティビティを楽しんだ後は、夜の水納島の静かな島時間を過ごす。

正反対などちらの体験も、素晴らしい思い出になることでしょう。

T.Furuike

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、水納島ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

営業中 8:00〜17:00
当日予約OK