さらに
絞り込む
該当プラン数 28
日帰り海水浴&グラスボート体験

水納島でグラスボードを楽しもう!お子様からご年配の方まで楽しめる人気ツアーをご紹介

最終編集日時;
投稿日時;

水納島ってどんなところ

水納島わくわくボートシュノーケリング&日帰り海水浴

みなさんは、水納島(みんなじま)をご存知ですか?

沖縄県は本部半島の西に浮かぶ離島のことで、島の人口は40人程度と、沖縄の離島の中でも比較的小さな島です。

島の形がパンのクロワッサンに似ていることから、水納島は「クロワッサンアイランド」という名でも親しまれています。

沖縄本島からも近いことから、日帰りで訪れる方も多い水納島。

水納島の代表的な観光スポットである「水納ビーチ」は、地元の人や観光客でいつも賑わいを見せています。

今回は、そんな水納島の魅力についてご紹介します。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

那覇空港・渡久地港からの行き方

水納島へはまず、那覇空港のバスターミナルからやんばる急行バスに乗車し、「本部博物館前」で下車してください。

そこから700メートルほど先の場所に渡久地港があります。

そこで高速船「ニューウイングみんなII」に乗って、15分ほどで水納島に到着します。

高速船の本数はシーズンによって変動しますので、訪れる際はしっかりと調べていくようにしましょう。

 

水納島が選ばれる理由

水納島は人口40人弱と小さな島であるとお伝えしました。

しかし、水納島は毎年6万人もの観光客が訪れる、県内でも有数の観光地となっています。

どうして、こんなにも多くの人から旅行先として選ばれているのでしょうか。

 

水納島の魅力

ここからはそんな水納島の魅力について、3つほどお伝えします。

 

青い海と白い砂浜が広がるビーチ

シュノーケル

水納島の魅力といえば、なんといっても美しいビーチ!

水納島のビーチはどこも美しく、リゾート感たっぷりの景色が広がっているのが特徴です。

真っ白い砂浜とエメラルドブルーの美しい海を見れば、日頃の疲れやストレスなども忘れ、思いっきりバカンスを満喫したくなることでしょう。

中でも「水納ビーチ」は有名で、観光客の多くがこのビーチを目当てに訪れます。

水納ビーチは水納島の代表的なビーチでありながら、水の透明度も世界トップレベルを誇る澄んだ海です。

水納ビーチでは、海水浴をはじめとしたさまざまなマリンアクティビティを楽しむことができることから、一年を通して多くの観光客で賑わいを見せます。

 

マリンアクティビティを楽しもう

シュノーケル

水納島はマリンアクティビティが盛んに行われていることでも有名です。

水納島の海水は透明度が抜群に高いため、マリンアクティビティを楽しむのにはもってこいの場所となっています。

シュノーケリングやダイビング、パラセーリング、グラスボートなど、水納島ではさまざまなマリンアクティビティを楽しむことができます。

ぜひ、気になったアクティビティに挑戦してみてくださいね。

 

石畳のきれいな道

水納島の主だった道路は、白くきれいな石畳で舗装されています。

そのままでも十分楽しめるのですが、港から集落へと進む道は上り坂になっているため、その頂上で振り返って景色を眺めるのがおすすめです。

石畳と壮大な海とのコントラストがとても美しく、心洗われる気持ちになるでしょう。

他の離島では見ることができない、なかなか珍しい風景であるため、旅の良い思い出として残るはずです。

 

グラスボートとは

日帰り海水浴&グラスボート体験

みなさんはグラスボートをご存知ですか?

グラスボートの船底にはガラスが張られており、船に乗ったまま海中を泳ぐ魚やサンゴなどの様子を観察できるという船のことです。

その性質から、「動く水族館」と呼ばれることも。

グラスボートは、近年人気が高まっている注目のアクティビティなのです。

 

グラスボートの楽しみ方

グラスボートは船底から海の様子を観察して楽しむアクティビティです。

また、よほどの悪天候でなければ雨の日でも体験することができるのが特徴です。

そのため、予定していたマリンアクティビティが悪天候で中止になってしまった時や、風邪気味で海に入るのはやめておきたいという時でも関係なく、海中の魚やウミガメの様子などを見ることができます。

 

グラスボートの魅力

グラスボートにはいったいどのような魅力があるのでしょうか。

グラスボートの魅力を3つご紹介します。

 

海の中を観察できる

日帰り海水浴&グラスボート体験

グラスボートの船底は強化ガラスに覆われており、そこを覗き込めばすぐに海の中の様子を観察することができます。

海の中の様子を観察するといえば、シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティに参加するのがポピュラーな方法です。

ですが、スーツに着替えたりインストラクターにレクチャーを受けたり、重い器材を背負ったりと、参加者の負担も大きいですよね。

その点グラスボートは、わざわざ海に入らなくても海を楽しむことができるので、どなたでも気軽に経験することができるのです。

 

泳ぎが苦手な人でも楽しめる

グラスボートは船上にいながら海中の様子を観察できるので。海に入る必要がありません。

そのため、泳ぎが苦手な人でも気軽に楽しめるアクティビティとなっています。

船上ですから、体が濡れることもないのです。

「海の中の様子を観察したいけれど泳げない」という方にはぴったりです。

 

お子様からご年配の方まで楽しめる

グラスボートに年齢制限はありませんので、お子様からご年配の方まで楽しむことができます。

また、妊娠中の方や健康上の理由で海に入れないという方でも、気軽に海中の様子を観察することができるのも魅力です。

家族三世代でグラスボートを体験するという方も多くいらっしゃいますよ。

 

持ち物不要の水納島のグラスボート体験

グラスボートを体験するのに、特別な持ち物は必要ありません。

そのまま水納島へ向かえばすぐにグラスボートを楽しむことができるので、誰でも気軽に挑戦できるアクティビティです。

また、所要時間が短く、旅の計画に組み込みやすいのも嬉しいですよね。

水納島へお越しの際は、ぜひグラスボートも体験してみてはいかがでしょうか。

 

グラスボートから見られる生き物

グラスボートから海中の様子を観察すると、一体どんな生物を見ることができるのでしょうか。

ここからは、グラスボートで観察できる代表的な生き物を3つご紹介します。

 

熱帯魚

水納島の海

南国の海といえば、カラフルな熱帯魚を想像する方も多いのではないでしょうか。

水納島のグラスボート体験でも、さまざまな熱帯魚を観察することができます。

カクレクマノミやルリスズメダイなどの有名な熱帯魚も直接見ることができるので、気分が上がること間違いありません。

 

ウミガメ

ウミガメ

グラスボートではウミガメを見かけることもできます。

シュノーケリングやダイビングなど、海に入らなければ出会えないと思われがちなウミガメですが、グラスボートでも観察することができるのです。

ウミガメが優雅に泳ぐ姿は幻想的で美しく、南国ならではの非日常感を味わうことができるはずです。

特に水納島はウミガメと出会えるスポットとして有名ですから、グラスボートで遭遇する確率も高いですよ。

 

サンゴ

ダイビング

グラスボートはサンゴの様子を観察するのにもぴったりのアクティビティです。

水納島近海は浅瀬が多く、サンゴが群生していることで知られています。

また、サンゴは熱帯魚などの生き物たちのすみかともなっているので、見事なサンゴと美しい熱帯魚のコントラストを楽しむのもおすすめです。

 

おすすめのツアー

ここからは、水納島でグラスボートが体験できるおすすめのツアーをご紹介します。

 

グラスボート&海水浴

グラスボートと海水浴が一緒に体験できるお得なツアー。

小さいお子様からお年寄りまで楽しめると、ファミリーに好評です。

オプションを付ければ、バナナボートやパラセーリングなどのマリンアクティビティの体験もできますよ。

 

グラスボート

グラスボートのみ体験できるツアーです。

体験中の写真をガイドの方が撮影してくれるので、旅の思い出作りにぴったりですね。

 

まとめ

今回は水納島で体験できるグラスボートについてご紹介しました。

グラスボートは濡れることなく海中の様子を見て楽しめる、話題のアクティビティです。

あなたも水納島に訪れた際は、グラスボートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

R.Tanaka

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、水納島ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

営業中 8:00〜17:00
当日予約OK