さらに
絞り込む
該当プラン数 28
水納島ファンダイビングでウミガメと泳ぐ

驚くほど美しい水納島の海ででダイビングを楽しもう!ダイビングの魅力や人気ツアーをご紹介

最終編集日時;
投稿日時;

水納島ってどんなところ

水納島

みなさんは、水納島(みんなじま)をご存知ですか?

沖縄県の本部半島の西に浮かぶ離島のことで、島の人口は40人程度と、沖縄の離島の中でも比較的小さな島です。

島の形がパンのクロワッサンに似ていることから、「クロワッサンアイランド」という名でも親しまれている水納島。

沖縄本島からも近いため、日帰りで訪れる方も多く、ビーチはいつも賑わいを見せています。

今回は、そんな水納島についてご紹介します。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

那覇空港・渡久地港からの行き方

那覇空港のバスターミナルから、やんばる急行バスに乗車し、「本部博物館前」で下車してください。

そこから700メートルほど歩くと渡久地港があります。

そこで高速船「ニューウイングみんなII」に乗り、15分ほどで水納島に到着します。

高速船の本数はシーズンによって変動しますので、訪れる際はしっかりと調べて行くようにしましょう。

 

水納島が選ばれる理由

水納島は人口40人弱と小さな島ながら、毎年6万人もの観光客が訪れる、県内でも有数の観光地となっています。

なぜ水納島は、こんなにも多くの観光客から選ばれているのでしょうか。

水納島の魅力とは、どういったところにあるのでしょうか。

 

水納島の魅力

ここからは水納島の魅力について、3つご紹介します。

 

青い海と白い砂浜が広がるビーチ

水納島の魅力といえば、なんといっても美しいビーチです。

真っ白な砂浜にエメラルドブルーの海が果てしなく続き、リゾート感たっぷりの景色が広がっています。

日頃の疲れやストレスなども忘れ、思いっきりバカンスを満喫したくなることでしょう。

 

マリンアクティビティを楽しもう

シュノーケル

水納島はマリンアクティビティが盛んに行われていることでも有名です。

海水の透明度が抜群に高いため、マリンアクティビティの中でも、特にシュノーケリングやダイビングをするにはもってこいの場所となっています。

 

石畳のきれいな道

水納島の主だった道路は白くきれいな石畳で舗装されています。

他の離島では見ることができない、なかなか珍しい風景ですよね。

港から集落へと進む道は上り坂になっているため、その頂上で振り返って景色を眺めるのがおすすめです。

石畳と壮大な海とのコントラストがとても美しく、心が洗われるような気持ちになるでしょう。

 

ダイビングとは

水納島,体験ダイビング,ツアー,友達と,カップルで,家族で

ダイビングといえば、海に潜ってその様子を観察したり魚と一緒に泳いだりする、人気のマリンアクティビティですよね。

水納島では、ダイビングも楽しむことができるのです。

ここからは水納島で体験できるダイビングについてご紹介します。

 

ダイビングの種類

一口にダイビングといっても、その種類はさまざま。

ここでは代表的なダイビングの種類について、5つご紹介します。

 

体験ダイビング

水納島,体験ダイビング,ツアー,友達と,カップルで,家族で

体験ダイビングとは、初心者でも安心してダイビングを体験できるツアーのことです。

体験ダイビングをしたい場合は、大手のダイビングショップやスクールのツアーに申し込むのが一般的です。

まずは陸でレクチャーを受けたあと、インストラクターの丁寧なアシストを受けながら、実際にダイビングを楽しむことができます。

また、時間も2時間〜半日と短時間なので、気軽にチャレンジできると人気です。

「ダイビングをしてみたいけれど、難しそう」と感じる方にはぴったりのプランですね。

 

ファンダイビング

水納島のサンゴ礁

ファンダイビングとは、Cカードというダイビングライセンスの取得者が楽しめるダイビングのことです。

体験ダイビングに比べて深くまで潜ることができ、海の中でも自由度が高いのが特徴です。

ライセンスは3泊4日程度の講習を受ければ取得することができ、有効期限もありません。

また、世界中の海で通用するライセンスなので、一度取得しておくと便利ですね。

ファンダイビングのファンは楽しむの「FUN」。

その名の通り、海の中を自由に楽しむのには最高のダイビングプランです。

 

スローダイビング

スローダイビングとは、インストラクターがマンツーマンでエスコートしてくれるというダイビングの一種。

スローダイビングでは、インストラクターが全てのことをしてくれるので、なんと自分はボンベを背負うことも、泳ぐこともしなくて良いのです!

ただ浮かんでいるだけで良いので、いつも以上にゆっくりと水中の様子を見ることができますよ。

もちろん、特別な資格は必要ありません

泳ぎが苦手な方も挑戦しやすい、おすすめのアクティビティです。

 

スキンダイビング

スキンダイビングとは、水中で呼吸するための器材などを使わず、息を吸い込んでから海中に潜るダイビングの一種です。

素潜りといえばわかりやすいかもしれませんね。 マスクやシュノーケル、フィンをつけ、一息に潜ります。

使用する器材についてはシュノーケリングと同じものですが、シュノーケリングは水面付近を泳いで水中を観察して楽しむものに対し、スキンダイビングは深くまで潜水する違いがあります。

スキンダイビングでは、自分の好きなように自由に泳ぐことができます。

海との一体感や非日常感を感じるのには最高のアクティビティですよ。

 

ドリフトダイビング

ドリフトダイビングとは、潮の流れを利用したダイビングのことです。

潮の流れに乗って移動するため、他のダイビングとは違うスピード感やスリルを味わうことができます。

ただし、流れの早い場所へ飛び込んでいくことになるので、その分リスクも大きくなり、無理な行動はしないよう注意が必要です。

ルールを守ってドリフトダイビングに挑戦すれば、とても貴重な体験になるでしょう。

 

ダイビングの楽しみ方

ダイビングの楽しみ方はその人によってさまざまです。

サンゴや魚などを間近で観察したり、回遊する大型魚やウミガメと一緒に泳いでみたり、競技として極めてみたりと、その楽しみ方は多岐にわたります。

 

ダイビングの魅力

世界中でたくさんの人に愛されるダイビングには、いったいどんな魅力があるのでしょうか。

ここからはダイビングの魅力について、3つご紹介します。

 

沖縄屈指の美しい海を堪能しよう

水納島,体験ダイビング,ツアー,友達と,カップルで,家族で

水納島は、美しい海に囲まれた離島です。

その海は、世界的に見てもトップクラスの透明度の高さを誇り、マリンアクティビティを楽しむのにはぴったりのロケーションといえます。

ダイビングをしながら、水納島の海の美しさに触れてみてはいかがでしょうか。

 

神秘的な深海の世界

深海には、まだ謎に包まれた部分が多くあります。

そんなミステリアスな部分の片鱗に触れられるのもまた、ダイビングの魅力です。

どこまでも深く続く海を目の当たりにすれば、これ以上ない非日常感を味わうことができるでしょう。

 

多種多様な生物を観察できる

ダイビングでは、さまざまな生き物に出会えることも魅力です。

シュノーケリングよりも深くまで潜水するため、観察できる生き物の数も多くなります。

運が良ければ、大型の回遊魚やウミガメなどの生き物と一緒に泳ぐことができるかもしれませんよ。

 

水納島のダイビングポイント

ここからは、水納島のおすすめのダイビングスポットを5つご紹介します。

 

ポートサイド

ポートサイドは島の北東にあるダイビングスポットです。

ポイントの特徴

水深の浅い場所が多く、地形が平坦なため、初心者の方でも挑戦しやすいスポットになっています。

平らな砂地には岩場が点在し、多くの魚たちが集まっているため、のんびりと水中観察をしたい方にはもってこいのポイントです。

 

ポパイ

ポパイは島の東にあるダイビングポイント。 島の中でも特に人気のあるスポットとなっています。

ポイントの特徴

ポートサイドと同じく地形が複雑でないため、ダイビングに挑戦しやすいポイントといえます。

サンゴの群生地帯にはさまざまな生き物が集まり、その景色は見事としか言いようがないほど。

大型魚やウミガメを見ることもできると人気のスポットです。

また、砂地にはアケボノハゼやハタタテハゼなどのハゼがたくさん生息しているほか、可愛らしいチンアナゴも見ることができますよ。

 

オリーブ

オリーブは島の東にあるダイビングポイント。 ポパイとジャイアントケーブルに挟まれる形で位置しています。

ポイントの特徴

オリーブは比較的水深が浅く、サンゴが群生している様子がたいへん見事なポイントです。

サンゴは生き物のすみかになっているため、色とりどりの魚を観察するにはぴったりの場所ですよ。

 

ワサワサ

ワサワサとは沖縄の方言で「ワクワクする」を意味しています。

その文字通り、とてもワクワクするダイビングスポットです。

ポイントの特徴

ワサワサは、一本サンゴと呼ばれる大きなテーブルサンゴがあることで有名です。

雑誌などのメディアで見たことがある方もいるかもしれません。

その周りにはテバスズメダイやテンジクダイなどのタイ類が群れており、海水の透明度も相まって、とても神秘的な光景を見ることができます。

 

ジャイアントケーブル

ジャイアントケーブルは島の東にあるダイビングスポット。

オリーブやポパイより上流にあります。

ポイントの特徴

浅瀬のポイントで、砂地が多いのが特徴。

水納島のダイビングポイントの中でも特にサンゴの群生が多く見られ、その景色はまさに圧巻です。

こちらも、ゆったりと生物の観察をしたい方におすすめのスポットです。

 

水納島でおすすめのダイビングツアー

 

まとめ

今回は水納島でできるダイビングについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

水納島は小さい離島ながら、たくさんの観光客を集める一大観光地です。

美しい海が魅力の水納島で、あなたもぜひダイビングにチャレンジしてみませんか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

R.Tanaka

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、水納島ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

営業中 8:00〜17:00
当日予約OK